中古ビニルハウスの解体

今日は中古のビニルハウスの解体に着手しました。

育苗ハウス、寒い時期に種から苗を育てるために寒さや雪や風を避けるためのビニルハウス、を得るために中古のものを譲っていただける方の所へお邪魔しました。現在建っているハウスを一旦解体して、逢坂の谷に運んで、もう一度組み立てるのです。このハウスが建てられたのは平成三年頃とのことでした。

まずはハウスの外面を覆っているビニルを剥がし、骨組みを結び付けている金具をはずします。というと簡単そうに聞こえますが、ビニルを骨組みと結び付けている金具をはずすだけでも一苦労でした。骨組みの解体に至っては、素人が三人集まってもどこから手をつけて良いのやらという状態でした。

幸いにも熟練者の強力な助っ人が応援に来てくださったおかげで、作業の方法は分かりました。ただ、金具はさび付き、インパクトドライバーという強力な工具はほとんど使えませんでした。助っ人も手を焼く手ごわいハウスだったようで、いくらかの骨組みをはずすところまで作業を進めて、続きはまた明日です。

鳥取のおいしい野菜 TREE&NORF/中古ビニルハウスの解体

バイスという便利な工具もありましたが、基本はペンチなどの力任せの手工具が中心の作業だったので、一日中鉄棒の練習をしたように手に力が入りません。中学時代にやっていた柔道で、手を一日千回握る握力強化トレーニングをしたのを思い出しました。

体がまずいと感じたので、温泉に行って癒してきました。自宅から車で10分かからないところにある吉岡温泉です。熱い風呂好きには有名な温泉ですが、疲れが良く取れます。ただ、今日はややぬるめだったように感じました。買い物に行く感覚で温泉に入れるのが鳥取の良いところですね。


TREE & NORF

トゥリーアンドノーフのWEBサイトの管理人をしております。

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top