春の方領ダイコン

今日はみやま小カブ、飛騨紅丸カブ、菜花チンゲンサイ、ビタミン菜、冬取れフレッシュオニオン、方領ダイコンなどを収穫したり、事務仕事をしたりしました。

曲がっているほど良品ともいわれたという、方領ダイコンが遅ればせながらも育ってきました。

本当は冬の収穫に向けての植え付けだったのですが、高い気温が続いた秋の後に低い気温の冬がやってきたために、今の端境期に向けての季節にやっとこの大きさになりました。一番太そうなダイコンを生で試食してみましたが、甘みが強くサラダにしてもよさそうでした。

細いダイコンは輪切りにすればそのまま一口サイズで食べられて、むしろ少人数の家庭では使いやすい大きさなのかもしれません。葉っぱも菜飯一回分くらいの程よい分量として食べられます。


TREE & NORF

トゥリーアンドノーフのWEBサイトの管理人をしております。

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top