だいこんのこと

品種について

品種について

味一番

味一番

  • 栽培期間……60日程度
  • 特徴……辛味が少なくクセのない食味。サラダやだいこんおろしなどにも適している。

三太郎

三太郎

  • 栽培期間……60日程度
  • 特徴……肉質は緻密で煮物料理に最適。調理の味が染み込みやすい。

だいこんを使った料理

2015年のだいこんの記録

vege-sub-title02

土作り

種を蒔く2~3週間前に肥料を畑にまいて深く耕します。根の伸長の障害になる石や木片なども取り除いておきます。肥料をまいて一ヶ月ほどたったらトラクターに専用の機械を取り付けてうねを作っていきます。

vege-subimg01

土作り

種蒔き

うねに30㎝間隔で種を蒔いていきます。この時「ごんべえ」という、押すだけで土に溝をつけその溝に種子を播き土をかぶせてくれる機械を使って種を蒔いていきます。一定の間隔で一定量の種をまっすぐ綺麗に蒔いていきます。

vege-subimg02

種蒔き

土寄せ・草取り

成長に応じて追肥をし土寄せをしていきます。株元にしっかり土を寄せることによって根の曲がりを防ぎ、根の部分が青くなるのを防ぐことができます。トゥリーアンドノーフの野菜は除草剤を使いません。株と株の間の草が大根の成長より早い畑は、手で草を抜いていきます。

vege-subimg03

間引き・草取り

収穫

いよいよ収穫です。首の太さが7㎝ほどで、重さが1kgくらいに成長したものを収穫していきます。種まきから約60日くらいが目安です。収穫しただいこんは畑で葉を切り落とし、土をできるだけ落としてからコンテナに詰め、運搬車に乗せて運びます。

vege-subimg04

収穫

出荷

畑から作業場に運ばれただいこんは、大きな洗浄機で洗ったあと、ハサミでだいこんのお尻の部分を切り落とし、す(鬆=だいこんの中にできた小さな空間、割れ目)が入っていないかを確認します。だいこんを綺麗なふきんでふいてから重さで選り分けて、箱につめて出荷されます。

vege-subimg-05

daikon07

トゥリーアンドノーフのブログ

野菜について



page top