2016年 じゃがいもの目標

昨年(2015年)の反省点を踏まえ、さて、今年の話です。

目標

メークイン

  • 作付面積:0.3ヘクタール
  • 総収量:9,000kg
  • 反収:3,000kg
  • 秀品率:90%

男爵

  • 作付面積:2ヘクタール
  • 総収量:60,000kg
  • 反収:3,000kg
  • 秀品率:90%

前年比 350%

理由は次のエントリーに譲りますが、作付面積は昨年の4.8ヘクタールに対して2.3ヘクタール。52%減と少なくしています。

しかし、収量は昨年実績の41,050kgに対して168%増の69,000kg。

つまり面積を抑えて収量を増やす計画です。

効率性で言えば、対2015年の350%(250%増)。かなりチャレンジングな数字に見えますが、昨年があまりに酷かったため、今年は最低でもこれくらいは達成しなければ、という数字だという認識です。

今年上半期のメイン、じゃがいもは、この目標を達成するために計画を立て、オペレーションを進めていきます。

計画やオペレーションについては、当然、昨年の反省点を踏まえ、同じ過ちをおこさないように考え、BLOF理論に沿ってつくりあげたものですが、具体的な内容については、次のエントリーで詳述していきます。

本記事の内容についてのご意見やご感想、またご指摘やアドバイスがあれば、コメント欄にお気軽にお書きください!

和多瀬 彰

TREE&NORFのWEBサイト、印刷物などの制作を担当しています。趣味はキャンプと読書。最近、初めての子どもが生まれ、バタバタな毎日を送っています(詳しいプロフィールはこちら)。

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top