にんじん(ベータグロリア)の出荷が始まりました!

服部です。

鳥取は雨が降ったり止んだりの空模様が続いています。今週から待ちに待ったにんじん(品種:ベータグロリア)の収穫と出荷が始まりました。にんじんの作付けは去年より面積を小さくし、手の届く範囲でしっかり育ててきました。その甲斐もあり、キレイなオレンジ色のおいしいにんじんがたくさんできました。

収穫

この時期、雨の中での収穫作業は日常茶飯事です。今日も小雨が降る中、作業は続きます。にんじんの成長が個々に違うため、葉が大きく成長したものを選び抜いていきます。

ninjin-shipment06

抜いたにんじんは畝(うね)の上に向きを揃えて並べ、

ninjin-shipment05

ハサミを持ったスタッフが、葉を切り落していきます。

ninjin-shipment04

にんじんの葉は掻き揚げなどにするととっても美味しいので、スタッフは持ち帰ったりもしています。残すことなく一番美味しいところを食べられるのが農家の醍醐味ですね。

水で洗浄

畑から作業場に運ばれたにんじんは、にんじん洗浄機で土や泥を洗い流します。先日の「にんじんの皮、剥いてますか?」というブログ記事でもお伝えした通り、この作業でにんじんのヒゲや皮なども一緒に落ちます。

ninjin-shipment09

泥まみれだったにんじんがみるみるうちにオレンジ色の肌に変わっていきます。

ninjin-shipment10

本当に驚くほどピカピカになるので、見ているだけで気持ちが良くなります。

一本一本重さで選別

洗浄機で洗い終わったら、今度はにんじん選別機でグラムごとににんじんを選り分けていきます。

ninjin-shipment07

ベルトコンベアで流されたにんじんが機械の計りによって基準の大きさ・それ以上・それ以下で分けられ、自販機のように下から出てきます。

ninjin-shipment03

うかうかしているとにんじんがコンテナにいっぱい溜まり溢れてしまうので、この作業は手を休める暇がなく、なかなかハードです。

検品と梱包

にんじん選別機で選別されたにんじんは、傷がついたものなどが入っていないかを一本一本確認しながら、頭とおしりの部分をキレイに切り落します。

ninjin-shipment02

最後に、にんじんについている水分をタオルでキレイに拭き取り、3本で500gになるように袋に入れていきます。袋につめたにんじんをダンボールにつめて、出荷準備は完了です!

ninjin-shipment01

オレンジ色のにんじんで食卓を華やかに

にんじんの出荷は2月まで続きます。今年のにんじんは甘みも歯ごたえも上出来です。これからの寒い季節に鍋料理や煮物などで食べていただきたいですね。トゥリーアンドノーフの野菜を使った料理レシピもぜひ参考にしてみてくださいね。

みなさんの食卓をトゥリーアンドノーフのにんじんで華やかにしてくださいね♪


服部 美咲

バッグデザイナーを経てトゥリーアンドノーフに入社。いつもピカピカの野菜に元気をもらってます。鳥取県に移住して2年目。6歳のうさぎと二人暮らし。

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top