PUBLIC KITCHEN オーガニックファームを視察訪問

徳本です。

5月末に兵庫県丹波市春日町のPUBLIC KITCHEN オーガニックファームを視察訪問してきました。

農場長である神川健太さんを中心とした若いスタッフ数名で、約1.5ヘクタールの面積で年間80種類以上の有機野菜を栽培し、飲食店舗などを中心に出荷されているほか、カフェも運営されています。

PUBLIC KITCHENさんの小松菜は、毎年徳島県で開催されるBLOFer(*)野菜が数多く出品されるオーガニックフェスタ2016の栄養価コンテストで激戦の小松菜部門、そして総合でも最優秀賞を受賞された実績を誇ります。受賞した小松菜は糖度が12.3度(通常5度前後)、硝酸値15以下(通常3600前後)というのは驚異的な数字です。

鳥取のおいしい有機野菜 TREE&NORF / PUBLIC KITCHEN オーガニックファームを視察訪問

神川さんは36歳とお若いですが、20代からBLOF理論を実践する農業法人などで野菜作り・米作りを学ばれ、5年前に独立され現在に至ります。大学時代、化学を専攻していたこともあり、科学的な有機農業のBLOF理論がとてもしっくり来たとのこと。

鳥取のおいしい有機野菜 TREE&NORF / PUBLIC KITCHEN オーガニックファームを視察訪問

畑を見学しながら、使用資材や肥料の使い方、管理方法など、発見と学びの連続でとにかく話が尽きません。特に緑肥の使い方は目を見張るものがありました。

生産管理から原価管理まで、日々データを取ってITで管理されており、現在、誰もが使えるWEBサービスも開発中とのこと。こちらについてもIT化・WEBサービス化を目論む僕たちに取っても興味津々の分野。色々と意見交換できました。

ひととおり野菜生産の話が終わったあと、最後に「人材育成」についての話に。向こう5年間の人員計画や育成の仕組みの構想を伺いましたが、色々と苦心・試行錯誤されているとのこと。僕自身のこれまでの苦い経験も含め、野菜を生産することと同等以上に重要な人・組織についての在り方をじっくりと話しました。

神川さん、お忙しい中、色々とありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

BLOF理論による有機栽培を実践する農業家のこと


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top