都祭農産(千葉県香取市)を視察訪問

徳本です。

2016年9月の視察旅行3日目、最後は再び千葉県に戻り、都祭農産(とまつり・のうさん)を視察訪問しました。

都祭農産

野菜の一大産地である千葉県香取市にある都祭農産は、ご家族が経営する農場。約7ha(ヘクタール)の畑で、じゃがいも、にんじん、長ねぎ、いんげん、ごぼうなどを生産されています。

都祭さんは国内ではトップの売上を誇る農事組合法人「和郷園」の若手部会長も兼任されており、非常にレベルの高い農産物生産に取り組んでおられます。

右から2番目が農場主の都祭孝彦さん。4児の父親でもあります。

鳥取のおいしい野菜 TREE&NORF/都祭農産(千葉県香取市)を視察訪問

畑や施設を案内してくださったのですが、無駄を省き、合理的に作業をするにはどうすればよいのかという事を、常に考えらえていることがヒシヒシと伝わってきました。

元々家業を継ぐ前は、工務店で現場監督をされていたそう。その経験から、段取りの大切さを常に意識されているとのこと。

また、和郷園という全国でもトップレベルの生産者がひしめく農事組合で、技術情報を共有し、定期的に全国の産地も視察し、常にレベルアップを図られているその姿勢は、尊敬の念と同時に、「我々も常に成長しなければ」という強い危機感を抱かせるものでした。

鳥取のおいしい野菜 TREE&NORF/都祭農産(千葉県香取市)を視察訪問

和郷園

都祭農産の視察後、せっかく鳥取から来られたので、ということで和郷園本部やバイオマスプラントなども案内してくださいました。

和郷園は日本の農業界では最も有名な農事組合で、海外での生産事業や農業資材の開発、最近では農業を軸とした観光サービスなど、手広く事業展開されています。

鳥取のおいしい野菜 TREE&NORF/都祭農産(千葉県香取市)を視察訪問

バイマスプラントやカット冷凍工場、堆肥場などの設備も圧巻でした。

鳥取のおいしい野菜 TREE&NORF/都祭農産(千葉県香取市)を視察訪問

ハンドリングを少しでも間違えれば、過剰投資になりかねない農業の設備投資。しかし、常に次を見据えて投資し、どんどん成長していく和郷園の経営手法には学ぶべき点が多くあると思います。

今回は、野菜の栽培技術にフォーカスした視察訪問でしたが、トゥリーアンドノーフが次のステップに進む時が来たら、またあらためて学びに来たいと思った次第です。

都祭さん、お忙しい中ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

* 一部敬称略


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top