反収 – Yeild per 10a

反収(たんしゅう)は、1反(たん=約10アール=991.736平方メートル)あたりの収穫量のことで、営農の指標の一つ。

例えば、総収量が同じ1トンの野菜の収穫でも、1町(ちょう=約1ヘクタール=約100アール=9,917.36平方メートル)で収穫されるのと、1反で収穫されるのでは、効率が全く異なります。

そこで、”一定の面積”での収穫量で収穫量を計測するわけですが、その”一定の面積”が1反というわけです。



page top