簡単お手軽! 柚子だいこん

服部です。

2015年もあと残すところ一ヶ月となりました。本当にあっという間に一年が過ぎていきますね!

今回ご紹介するレシピは、さっぱりとした香りが特徴の柚子を使った「柚子だいこん」です!

柚子だいこん

調理時間:約20分(放置時間を除いて)

柚子だいこん

材料(二人分)

  • だいこん(皮や首の部分など)……200g
  • 柚子の皮……1/2コ分
  • 昆布……10㎝程度
  • A
  • ├ 柚子の絞り汁……40〜50ml
    ├ 米酢……大さじ1
    ├ 砂糖……大さじ2
    └ 塩……小さじ1/2

作り方

yuzudaikon01

1だいこんは1cm幅の短冊形に切る。ポリ袋に切っただいこんと塩小さじ1/2を入れてもみ、3時間~半日、途中数回、全体を返しながらつけておく。

yuzudaikono2

2昆布は料理バサミで細く切り、柚子は皮をむき千切りにする。柚子の皮の内側の白い部分は苦いので、なるべく取り除いて切る。

yuzudaikon03

3だいこんを水でさっと洗い、余分な水分をしっかり絞る。ポリ袋にだいこん、柚子、昆布を入れ、Aの調味料を加えて全体をよくもむ。2時間〜半日おいてなじませて完成!

ここがポイント

  • だいこんの首の部分は、皮の厚みや大きさなどをそろえて切りましょう。味が均等になじみやすくなります。
  • 昆布は出汁取りなどで使ったものを無駄なく使うのもおすすめです。

今回使用した鳥取のおいしい食材「ゆず」

今回のレシピにはご近所の農家さんが作った柚子を使用しました! 柚子の旬は11月〜1月にかけて。まさに今が旬です。柚子は、そのまま食べられるみかんやオレンジなどと違って酸味が強いため、生で食べずに果汁や果皮などを薬味や調味料として使います。日本ではなんと1000年以上も前から焼き魚や鍋物、刺身、酢の物などの風味づけに使われていたそうです! 柚子は日本料理にかかせない馴染みの深いものなんですね〜。

yuzu

作り終えて

柚子のさっぱりした風味がだいこんに染み込みとても美味しかったです! びっくりするくらい簡単に作れて保存もできるので、毎日の食卓に一品プラスにという時に良いですよね。一晩寝かせるとより味が染み込み美味しくなります。買うと高い柚子だいこんも、こんなにお手軽に作れるなら手作りしたほうが断然良いですね!

ぜひトゥリーアンドノーフのだいこんで作ってみてくださいね♪

野菜をたくさん食べられるレシピ、紹介します

野菜をたくさん食べられるレシピ、紹介します私たちが栽培した野菜と、牛肉や魚介、乳製品など鳥取県の地元食材をつかった、とっても簡単につくれてしっかりおいしいレシピをご紹介! 大人から子どもまで大満足のレシピはこちらから。 


服部 美咲

バッグデザイナーを経てトゥリーアンドノーフに入社。いつもピカピカの野菜に元気をもらってます。鳥取県に移住して2年目。6歳のうさぎと二人暮らし。

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top