太陽熱養生処理を実施!結果まとめ

徳本です。

先日、2016年のじゃがいも栽培に関するまとめ記事を共有しましたが、昨年、それと平行して実施していたもう一つの重要な作業である「太陽熱養生処理」についても総括したいと思います。

太陽熱養生処理とは

BLOF理論における太陽熱養生処理とは、夏季に、微生物の餌が多く残っている中熟堆肥(C/N比25と高め)と、カルシウム・マグネシウム・鉄・マンガンなどのミネラルを適正量に対してプラス20%を施肥、ほ場の土壌水分を60%を目安として灌水したうえで、積算温度が900℃を超えるまで透明ビニールマルチを施用するという作業です。

太陽熱養生処理のため、マルチでほ場を覆う
実際の作業の様子は「秋に向けての土壌改良作業」にてご覧ください。

太陽熱養生処理の狙いと効果

太陽熱養生処理を実施する目的としては、1)土壌物理性の改善(土壌の団粒化、水はけの改良)、2)病原菌を熱で死滅させる、3)草の種を熱で死滅させる(雑草の抑制)の3つでした。

太陽熱養生処理を実施したほ場では、同作業が完了する8月末ににんじんを播種し、12月末に収穫する予定でした。にんじんを栽培するに当たっては、同作業によって、ほ場の土壌団粒化と畝に草が生えづらい状態になっていることが必要でした。

実際に太陽熱養生処理を実施した所感

ところが、一番期待していた土壌団粒が形成されず、むしろ硬くなったほ場もありました。また畝の表面に分解されなかった有機物がたくさん残ったため、当初予定していたにんじんの作付を断念し、大半のほ場を小松菜生産に切り替える必要が生じました。

具体的には、1.2ヘクタールのほ場に太陽熱養生処理を実施し、土壌団粒化が認められたのはそのうち0.2ヘクタール。草が少し抑制できたという印象ですが、物理性もそこまで改善せず、また病気も出るほ場もありました。

一部、上手く行ったと思われるほ場は、その後栽培したにんじん、大根に病気もほぼ出ず、生育状態も良好でした。

団粒化がうまくできたほ場では見事な有機にんじんが栽培できた
粒化がうまくできたほ場では見事な有機にんじんが収穫できました。が…

つまり、僕たちが僕たちの環境下・諸条件下で実施した太陽熱養生処理では、狙った結果がほとんど得られなかった、という結論です。

なぜ良い結果が出なかったのか

なぜ、太陽熱養生処理で狙った結果を得られなかったのか?

本来実施するべき、太陽熱養生処理後の土壌分析ができてなく、作業前の土壌分析結果との比較や、各ほ場の特徴などを踏まえた分析や評価ができていません。

隣合う、土壌の状態や水はけ具合や日当たりなどの環境がほぼ同じと考えられる2つのほ場で、一方は効果があり、一方は効果がなかったといったことも起きていますが、やはり理由は深く追求できていません。

このように、事後に実施するべき分析や評価、つまりPDCAの「C」の部分が正しく行えていないので、「なぜ、太陽熱養生処理で狙った結果を得られなかったのか?」の問いに対する自分たちなりの答えを出せていません。

しかしながら、僕たちとしては以下のように考え、新しい「P」を検討、すでに行動に移しています。

今後は基本的に、太陽熱養生処理は実施しないことに決めたからです。

太陽熱養生処理をしない理由

僕たちは大規模露地栽培を志向しているため、現在の潅水設備のない状態においては、土壌水分の適切な管理が必要となる太陽熱養生処理のマネジメントが不可能だと考えています。

例えば、太陽熱養生処理を実施したい8月に、期待したほど雨が降らなかった場合(2016年が実際そうでした)、簡易な灌水チューブのみで広大なほ場の土壌水分を整えたうえで、マルチングするというのはほぼ不可能です。

潅水設備がないため、人力で散水して土壌水分の管理を試みる
潅水設備がないため、人力で散水して土壌水分の管理を試みました。

堆肥の重要性

太陽熱養生処理に大量に使用する堆肥の調達、運搬、散布についても、作業効率や精度を考えると大型の機械化が必要なことが分かりました。しかし、その投資額を回収できるほど、太陽熱養生処理による土壌改良効果があるかどうかは、あらためて精査、検討する必要がありそうです。

施肥する堆肥づくりにも大型の重機が必要だった
施肥する堆肥づくりにも大型の重機が必要(今年は地元業者さんの厚意に甘えました)。

また堆肥は、大量にあればいいというわけではなく、元気な微生物を多く含み、大量に投与するミネラルをエサとして有機物を精力的に分解してくれるような良質な堆肥が求められます。そして高い品質を毎年保持することが必要です。

そうなると、堆肥づくりのプロのような存在が地元地域に必要になりますが、現時点で、僕たちはまだ巡り会えていません。

では、今後どうするのか

もちろん、土作りは1年で答えが出るわけではありません。毎年継続することによって改善を図る、長期的視座で計画するべき作業です。

しかし、理論通りの設計で実施するとオペレーションコストが大幅に上がること、それに対する費用対効果が現段階では非常に読みづらいことなどから、今後は、全ほ場に対しての実施は止め、必要なほ場に対して抑草目的のみで行う予定です。

作付面積が大きくなればなるほど、作業工程が一つ増えるだけで、人件費が増え、作業スケジュールが大きく変更することになります。手段ありき、ではなく、「なぜその作業を行うのか?」という目的に立ち返り、手段を今一度整理して、極力少ない工数で目的を達成すべく、オペレーションを組み立てていかなければなりません。必要な資材と極力無駄を省いたオペレーションを現在計画しており、準備を進めています。

新しい計画については、また共有したいと思います。

本記事の内容についてのご意見やご感想、またご指摘やアドバイスがあれば、コメント欄にお気軽にお書きください!

徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

You may also like...

2 Responses

  1. 五島 隆久 より:

    確かに大規模にblof手法をするのは、私も難しいと思っています。楽農学校(兵庫県の新規就農者農業技術養成校)でblofを指導していますが、50m2の研修圃場では理論通りの結果が残せても、いざ自分の圃場(70a)では、なかなか思うようにいかないのが現実です。広い面積で結果を出されているbloferもいますが、トゥーリ&ノーフさんの規模では高知の山下一穂さんの手法があっているように思います。畑丸ごと堆肥化、自然農法とblofとの山下流合成です。徳本さんのチャレンジ、いつもたいへん興味深く見ています。是非、あとに続く人のお手本になって下さい。

    • TREE&NORF徳本 より:

      コメントありがとうございます。
      太陽熱養生処理による土壌改良は、諸条件がキッチリと整っていないと効果が得づらいことと、圃場基盤整備をしている圃場は作土の下に重機で転圧された真砂土などがあり、ここを微生物だけの力で砕いていくのは非常に難しいと実感しました。もちろんBLOF理論を否定するつもりはないですが、その土地その土地に応じてアレンジしていく必要があると感じています。また、植物生理の理解、ミネラル優先の考え方などは引き続き突き詰めていきたいと考えています。山下一穂さんの手法はFBなどでも拝見しており、今年は緑肥を活用した土壌改良も一部取り組んでみようと考えています。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top