2018年の終わりに

今年も残すところあと2日となりました。

暖冬と言われていましたが、一昨日からの積雪で、圃場周辺は銀世界となりました。

今年は延べ20ヘクタール以上の小松菜を露地で生産し、良いことも悪いことも沢山ありました。

生産を常に安定させるということは、技術の結晶で、非常に難易度が高いことですが、更に農業は市況が常に変化する世界です。

夏季の超異常気象、冬場の暖冬による供給過多・市況低迷……。私たちのように小品目大規模栽培を実践する経営体は、ジェットコースターに乗っているような年でした。

しかし、愚痴っている暇はなく、常に変化し、成長していかなければなりません。

来期より、更に生産規模を拡大させていくため、適地適作の作型を重視し、また人材にも注力していきます。そして、私個人としては、発信するということにも力を入れていきます。

支え、協力してくださっている皆さん、いつも本当にありがとうございます。

よいお年をお迎えください。


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です