法面草刈機2大モデル OREC SPIDER MOWER SP431FとKubotaカルマックス GC-K502EXを徹底比較

徳本です。

今週はじめは冬の嵐のような天気でしたが、それが過ぎ去ったら、ポカポカ陽気の春がやってきました。誰もいない農道をノンビリ散歩しながら、小鳥のさえずりを聞いていたいところですが、そうも言ってられません。

そう、いよいよ農繁期に突入するからです。

法面の草刈りに欠かせない作業機

そして、暖かくなってくると、草との戦いも本格的に始まります。

当社が法面の草刈に使うアイテムは「FERRI オフセットシュレッダー ZMTE2000」がメインですが、大型トラクターで入れない場所の草刈は、今日の記事のテーマであるスイング式法面草刈機(以下、法面草刈機)を使用します。

当社ではこれまでKubota カルマックス GC-K502EXを愛用していましたが、昨年、OREC(オーレック) SPIDER MOWER(スパイダーモア) SP431Fも導入しました。


OREC SPIDER MOWER SP431F

法面草刈機は多くの農家が使っている作業機で、この2モデルは数ある法面草刈機のなかでも、特に人気の高い製品です。

ご覧のようにスペックも似ています。

OREC
SPIDER MOWER
SP431F
Kubota
カルマックス
GC-K502EX
総重量 42kg 54kg
排気量 47.1cc 47.1cc
刈幅 430mm 500mm
刈高 30〜67mm
(3段調整)
20・30・40(3段階)
ハンドル長 1300〜1900mm
(5段階)
1600〜2100mm

複数台の法面草刈機を所有されている農家も多いと思いますが、どちらか一方だけ使っている、という方が大半ではないでしょうか(特に根拠はないのですが……)。買い足す場合、使い慣れている作業機を選ぶ方が安心ですしね。

しかし、見方を変えれば、もう一方の法面草刈機を知らないままになっているとも言えます。もしかすると、使っていない法面草刈機の方が、自分のニーズに合っているかも知れません。

上記のように、スペックこそ似ていますが、使い勝手はもちろん、構造や機構などは、やはり大きく異なるからです。

そこで今回、この2モデルの特徴(違い)をチェックし、実際に畦畔で草刈りするまとめ動画をつくってみました。

法面草刈機の新規購入や、買い替え、買い足しをご検討中の方の参考になれば幸いです!

それではまた来週。


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手、ITベンチャー役員を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。コメで世界を獲ったるで!(詳しいプロフィールはこちら)

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です