マルチ – Agricultural mulch

農業の言葉マルチ

手法としてのマルチ

土の表面を資材で覆うこと。使用する資材を「マルチ(マルチング)資材」といいます。資材のことを「マルチ」と呼ぶこともあります。

目的としては、

  • 地温の上昇促進(または抑制)
  • 雑草の防除
  • 病虫害の忌避
  • 土壌の乾燥防止(水分量の安定)
  • 土壌肥料、養分の流出阻止(肥効の安定化)
  • 土壌の保護(侵食の防止)

などが挙げられます。

農業資材としてのマルチ

農業に使用するマルチ資材は、主に以下の2つに分類できます。

  • 有機マルチ資材(天然)
    バークやウッドチップ、植物の刈りカス、刈り取った稲藁や雑草など
  • 合成マルチ資材(人工)
    農ビ(塩化ビニル樹脂フィルム)、農ポリ(農業用ポリエチレンフィルム)、農PO(農業用ポリオレフィン系特殊フィルム)など

これらを目的に応じて使い分けます。



page top