ニューホランド試乗会

徳本です。

先日、トゥリーアンドノーフの圃場にて、トラクターメーカー「ニューホランド(New Holland)」の試乗会、GPS展示即売会が開催されました。

「田んぼでも威力を発揮するディスクハローの実演機を貸してほしい!」といつもニューホランドにリクエストしていたら、「どうせならトラクター試乗会しましょう!」というのが今回の経緯。

異質の試乗会

鳥取県東部の一般的な国産メーカーの試乗会の場合、20〜50馬力くらいのトラクター、ロータリー、田植え機、コンバイン、その他作業機で、毎年あまり変わり映えしません。

今回は、海外メーカー「ニューホランド」のT6(130馬力・自動操舵付)、T4(100馬力)2台への試乗、ショートディスク、スタブルカルチやバーチカルハローの作業機の試用と、国産メーカーの一般的な試乗会とは一線を画す、この界隈ではあまりないイベントだったため、鳥取県東部、中部、岡山北部などから大規模な水稲農家、自給飼料も生産する畜産農家、コントラクターなどのプロ農家が集いました。

個人的にはグレゴワールベッソン社の2.5m幅のショートディスク(1.4t)の湿田への刺さり具合や、残渣破砕レベルの実地検証が主な目的でした(なぜ僕たちがディスクでの作業体系にこだわっているのか、また別記事にて紹介する予定です)。

.

実際の試乗会の様子を少しご紹介します。

試乗の前に、GPSによる自動操舵機の説明を受けます。

実際に、作業場横の圃場で運転しているトラクターのGPS機器とタブレットをネット回線で繋ぎ、トラクター内部の操作画面をイベント会場である作業場に置いたモニターで見ながら、基本的な情報を聞きます。

その後、実機の試乗。


グレゴワールベッソン社の2.5m幅のショートディスク(1.4t)

良いイベントとは

今回の試乗会に参加していたプロ農家たちは、最新のトラクターや作業機の事情通で、GPSや自動操舵システムの造詣がそもそも深い方たちばかり。

数少ない海外トラクターメーカーの試乗会では、実機を見る・触れるというのは当然ですが、そこに集う感度の高いプロ農家同士の情報交換がとても貴重です。

実際、今回も、鳥取東部の土地利用型農業の大御所である田中農場の社長、東部コントラクターの役員も来場されていましたが、今年の異常気象を踏まえて、「来期は深耕をより重きをおいてプラウを重視する、レベラー作業代変だけど(汗)。徳本君のところはどう?」とか、鳥取中部の大型野菜農家は「狭い区画でも機械を大型化し、ロータリー作業からいかに抜け出すかを常に意識している」、「このドンディのスタブル、ウィング付けると土がもう少し返りやすくなるよ」といった、経験に基づいた具体的で実用的な情報を収集、交換することができました。

こうしたコミュニティに触れ、参加し、高いレベルでの情報収集・交換ができるイベントこそが、僕たちにとって良いイベントなわけです。

地元の国産メーカーの農機センター所長や担当者も真剣に参加していたのが印象的でした。

.

午前は強く降っていた雨も午後はなんとかもって、寒空の下、たくさんの農業家が集まっての試乗会、無事に終了。

実に有意義なイベントでした。ニューホランドのスタッフやご来場のプロ農家の方々、ありがとうございました。


イベントでは”外で働くオトコの温かい味方”……ホットコーヒーも完備


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です