千両なすと長芋の酢豚

こんにちは、和多瀬です。

じゃがいもの収穫と出荷、まっさかりなトゥリーアンドノーフですが、作業場の隣りにある有機千両なすの畑では、ちらほらと実がつき始め、少しずつですが出荷も始まっています。

鳥取のおいしい有機野菜 TREE&NORF / 千両なす

今回ご紹介するレシピは、この千両なすをたっぷり使った「千両なすと長芋の酢豚」です。

今回は、血液をサラサラにする効果があり、美肌効果なども期待できる黒酢を使ってみました。

さっぱりとした黒酢と、千両なすの柔らかい食感がやみつきになりますよ〜。

千両なすと長芋の酢豚

調理時間:約20分

材料(2人分)

  • 千両なす……2本
  • 長芋……約6cm
  • 豚ロース……150g
  • パプリカ(赤)……1/3個
  • ネギ……6cm
  • 片栗粉……小さじ2
  • 油……大さじ1と1/2
  • A
  • ├塩……少々
    └酒……大さじ1/2

  • B
  • ├しょうゆ……大さじ1
    └黒酢、砂糖、水……各大さじ1と1/2

作り方

1千両なすはヘタを落とし、縦6つに切る。長芋は皮をむき、縦長の形になるように切る。パプリカはヘタと種を取り、縦4つに切る。ネギはみじん切りにする。
豚肉は両面に格子状の切り目を入れ、食べやすい大きさに切り、Aをふってもみ込み、片栗粉をまぶす。Bは混ぜ合わせておく。

3フライパンに油を熱し、豚肉を入れて両面を焼きつけ、一度取り出す。次にフライパンに千両なすを入れ、焼き色がつくまでしっかり焼いたら、長いも、パプリカを加えて、全体に焼き色をつける。取り出しておいた豚肉を入れてBと長ねぎを加え、さっと炒めて完成!

ここがポイント

  • 豚肉を炒めた油で千両なすを焼くことによって、豚肉から出たうまみも残さず吸収することができます。

今回使用した鳥取のおいしい食材「ねばりっこ」

今回のレシピには鳥取県の特産「ねばりっこ」を使用しました。

鳥取のおいしい有機野菜 TREE&NORF ねばりっこ

鳥取県を代表する「砂丘ながいも」は、鳥取県中部の砂丘地帯で栽培されており、サクサクしていて歯ざわりが良く、まっすぐ長いのが特徴です。その「砂丘ながいも」と粘りの強い「いちょういも」を掛け合わせて誕生したのが「ねばりっこ」です。

通常の長芋と比べ、粘り気が強く肉質が緻密で折れにくいのが特徴。また、アクが少なく甘みが強いため、すりおろしてご飯にかけて食べてもおいしい!

鳥取県ではスーパーや道の駅などで購入することができます。鳥取に来た際にはぜひチェックしてみてください。


和多瀬 彰

TREE&NORFのWEBサイト、印刷物などの制作を担当しています。趣味はキャンプと読書。最近、初めての子どもが生まれ、バタバタな毎日を送っています(詳しいプロフィールはこちら)。

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top