気高町総合支所の副所長との面談

今日は午後一で、気高オーガニック倶楽部梅實宅で、気高町総合支所の副所長との面談。

TREE&NORFの事業ビジョンを約10分間熱く語る。

今後気高町として応援していきたい旨と、どういう形で応援出来るかを考えてみるとのこと。行政のやる事なので時間は色々掛かりそうだが、長い目で見てお付き合いしていければと思う。

副所長が帰った後、梅實氏と有機JAS申請のレクチャーを受ける。国内では一番厳しい農業規格だけあって、申請書類が流石に多い。3月末までに申請を行い、今年の夏以降には有機JASマークの農産物を出荷出来るよう準備を進めて行く予定だ。

有機JASの認証機関は、農水省認可の第三者機関が行う。鳥取の場合は通常は「鳥取県」が認定機関になるが、TREE&NORFは気高オーガニック倶楽部と同じく「自然農法国際研究開発センター」に申請予定だ。理由は審査が通りやすいから:梅實談。

帰りに、梅實氏と有機JAS認証の40アールの畑を見学。広い。

冬場の出荷品目用のハウス設置も良いかなと考えている。

桂君の雇用の問題も浮上して来ており、補助金を上手に絡めた事業計画をもう一度精査する必要がある。とにかく時間が無い。急がねば。


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top