有機じゃがいもの栽培、順調です

徳本です。

3月下旬に種いもを植え付け(定植)した有機じゃがいも(男爵、メークイン)の生育状況をお伝えしたいと思います。

有機じゃがいもはいくつかの畑に分けて、合計2.3ヘクタール(2万3000平方メートル)に植え付けています。畑によって少し差が生じていますが、おおむね順調な生育を見せています。

特に、僕たちが26番という番号で管理している畑の有機じゃがいも(男爵)はかなり良好です。

01

茎が太くて、葉が一枚いちまい大きく、密度が濃い。まるで鬱蒼とした有機じゃがいもの森のようになっています。

ひと株、掘り出してみると、種いもからたくさんの小さないもが出ています。

06

1枚目の写真のように、花をつけ始めていますので、これから実(=有機じゃがいも)を太らせる過程に入ります。

有機じゃがいもたちが今、どんな栄養を必要としているかをしっかり分析と観察で見極め、今月下旬に迫った収穫まで、しっかりと成長させていきたいですね。


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top