小松菜の出荷が始まりました

徳本です。

先週の土曜日から、本格的な小松菜の出荷が始まりました。今日はその様子をご紹介します。

小松菜の畑。

03

3本の畝(うね)に、タイミングをズラして種を蒔いているので、生育状況が少しずつ違います。これでちょっとずつ収穫、出荷できるように調整しやすくなります。

小松菜の収穫

虫から小松菜を守るために張った防虫ネットの中に、所狭しと育った小松菜がぎっしり。

11

収穫の時だけ、防虫ネットを外して作業します。

01

ひと株ずつ手で持ち、根っこの少し上の部分をハサミで切って収穫します。

02

今日は地元のスーパーマーケットと、神戸のこだわり食材店などに送る分、およそ15ケースほど収穫しました。

03

出荷のための調整作業

収穫した小松菜を作業場に持ち帰って、まずはたっぷりの水で土を落とします。

04

トゥリーアンドノーフの畑の土は黒ボクでとてもキメが細かいので、しっかり洗ってやります。

ケースに戻して、しばし水切り。

05

水が切れたら、虫食いの多い葉などを取り除いてキレイにしたあと、出荷先が指定する重さになるよう計測して、まとめていきます。

07

重さは出荷先で違う場合があり、今日、出荷する地元のスーパーマーケットだと200グラムで一束、神戸のお店だと150グラムで一束、といった具合です。

06

一束ごとに、小松菜のラベルが貼られた袋に入れて、

08

完成!

09

出荷を待つ小松菜たち。

10

前回の記事にも書きましたが、生で食べても問題ないほどえぐみが少なく、甘みのある仕上がり(*)になりました。

鳥取県東部では、サンマート各店、神戸市ではCA(*)でお買い求めいただけます。お見かけの際は、ぜひお試しください!

サンマート、CAの情報はこちら。敬称略
* 硝酸値が一般的な小松菜の1/10以下(200-800ppm)、糖度は50%ほど高い(4-6度)。いずれもトゥリーアンドノーフ調べ


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top