岡野農場を視察

徳本です。

鳥取県江府町、標高約800メートルにて大規模(200ヘクタール超!)に農業展開されている岡野農場を、スタッフ5名で視察してきました。

前身は岡野青果という量販店向けの野菜問屋でしたが、1994年に岡野農場を設立。初期からローソン用おでん大根の生産を開始し、2001年には大根屋という加工販売会社を設立されています。

主力の品目は、ローソン用の加工おでん大根(70ha)。そのほかにも里芋(20ha)、ゴボウ(10ha)、白ネギ(30ha)、ジャガイモ(10ha)とかなりの規模。TREE&NORFの畑は、全部合わせても10ヘクタールにも満たない広さですから、200ヘクタールとは想像もつきません。

IMG_2621

人員も60名と、これまた我々の10倍くらいですので、本当に大きな組織です。

自分たちの農業とは少し方向性が異なりますが、これだけの規模で野菜を安定して栽培、出荷し、それがきちんと管理されているというのは本当にすごい。

お忙しいなか、お世話くださった永井農場長、ありがとうございました。


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top