ニューホランドT4の50時間点検

徳本です。

先日納車したばかりのニューホランドT4。さっそくフル稼働していることもあり、あっと言う間に使用時間が50時間を超えました。

というわけで、ニューホランドから整備士の方が来社、50時間点検を実施してくださいました。

カバーがあると見えませんが、持ち上げてみると中にはエンジンその他さまざまな部品、それらをつなぐパイプなどがぎっしり。


こういうのを見ると、ターミネーターを思い出すのは僕だけでしょうか

まずはエンジンオイルを交換。50時間程度の使用でも、すでに真っ黒に汚れています。

続いて、エンジンオイルエレメントと燃料エレメントを交換。実に取り外しづらそうな場所にありました(笑)。

エンジンオイルやエレメントの交換は自動車でもユーザーが簡単に実施することができますし、本来、トラクターもユーザーが定期的に実施することで、機械の寿命も伸びていきます。

しかし、このようにプロの整備士の方でも苦労するようなレイアウトだと、なかなか自分たちでやることができません。

「整備士がデザインに参加すれば、もっと整備しやすいデザインのメカになるかも知れませんね」と声をかけてみたところ、「それは間違いないですね」と。

「それか、あえてユーザーが簡単に手が出せない状態にして、整備を頼むことでメーカーがきちんと儲かる仕組みになってるとか?(笑)」「ははは、そうかもしれませんね(笑)」

上の写真でも見たとおり、非常に多くの部品があり、それらが正しく機能するようにレイアウトされているわけですから、実際には様々な事情があって、このようなデザイン、レイアウトになっているんだと思いますが。

そんな話から、今回の整備の詳細や、今後の定期点検などについて、整備士の方と話をしました。

その後も、車体全体を隅々まで、黙々と整備をしてくださった整備士さんに、感謝!

しっかりと点検してもらったT4、今日も元気に働いてくれています。


徳本 修一

トゥリーアンドノーフ代表取締役。消防士、芸能マネージャー、歌手活動を経て、子どもたちがおいしく安心して食べられる野菜を作るため鳥取に帰郷しトゥリーアンドノーフを発足。おいしい野菜を作るぞー!(詳しいプロフィールはこちら)

CHECK IT OUT ALSO!

You may also like...

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


page top